HIME企画

還暦を越えて 初めの一歩 第9話 「イメージする」

もう7~8年近く前になるのだろうか・・・ 研修で一緒になった男性が起業して、先月10年ということで10周年パーティーにお招きいただいた。 イルサルトの末廣さん。 いつだったか、彼は10周年にはビルボード大阪を貸し切り、大好...
HIME企画

還暦を越えて 初めの一歩 第8話「水商売」考

ウイキペディアによれば、「水商売」とは、先の見通しが立ちにくく、世間の人気や嗜好に大きく依存し、収入が不確定な業種や職業およびそうしたものに従事する人を指す日本の俗語である。なお、日雇い労働者、農家、漁師など、人気や嗜好以外の要因で収入が安...
HIME企画

還暦を越えて 初めの一歩 第7話 「挑戦するか、しないか」

「お客さまを巻き込んで、常に新しいことに挑戦します」 これは我がマルワの経営理念の下にある「ビジョン」(目指すもの)。 年頭のブログにマルワイムズということを書いたけど、当然その中にも書いてある。 私はこのビジョン...
HIME企画

還暦を越えて 初めの一歩 第6話 「五感を研ぎ澄ませ」

2年ぶりに私が師と仰ぐ藤村正宏さんの新春セミナーに出かけた。 私がもう13年も前に自分の会社を立ち上げる時、大いに背中を押していただいたのが師匠の塾と理念だった。 自分の会社を立ち上げる時にビビッていた私に 「ビジネスとは...
HIME企画

還暦を越えて 初めの一歩 第5話 「マルワイムズ」

2019年平成31年がスタートしました。 お正月休み中、仕事はしなかったものの、ぼんやり仕事のことを考えたりしていた。 貧乏性ですね。 考えたことを年頭所感として、徒然なるままに・・・   トヨタが年頭「トヨタ...
自分の歴史

還暦を越えて…初めの一歩 第4話 「笑顔の力」

孫が生まれて、最近ゼロ歳児のベビーシッターを仰せつかることがあり、改めて気が付いたことがある。 それは笑顔のこと。 まだ生まれて3ヵ月くらいしかたたないのに笑うのである。 もちろん、自分の子育て中にも子どもが笑うのを見てき...
HIME企画

還暦を越えて…初めの一歩 第3話 「裕史さんに叱られる」

10月下旬から11月にかけてと、仕事上テンションが落ちること続出。 その気分を一新したいがために書き残しておくことにした。 まずは銀行との折衝、目先の事務処理だけに追われた若手担当者に、月末に『あれしろ、これしろ』と指示されて、...
HIME企画

心躍る大人の日常  H!ME CLOTHING  №3「 布が服になるまで」

小さい時からお洋服は大好きで、着たい服が手に入らないときは、近所のおばちゃんに作ってもらったり、ある時は自分で型紙もなくジョキジョキ布を切って、速攻でミシンをかけて作ったこともありました。 といっても、実は私裁縫は苦手、いまだにボタン...
HIME企画

心躍る大人の日常  H!ME CLOTHING  №2「服作りとSDGs」

自分がプロデュースして作ったスカート第一弾、 作っていく中で気になったのは、環境配慮のことだったり、持続可能性だったり・・・。 なぜなら、私は自分の会社である㈱マルワの中で、ここ10年以上にわたり、環境のことを考えてきた...
自分の歴史

還暦を越えて…初めの一歩 第2話「孫誕生」

吾輩は人間である。名前はまだない。 台風にびびり、地震に驚き、予定よりちょっと早くこの世に出てきてしまった。 世の中は平成最後の年、何やら騒がしい。 ボクは平成30年9月6日朝、初めて外の空気を呼吸した。 最初にボク...
タイトルとURLをコピーしました