HIME企画

HIME企画

昭和生まれ令和を生きる  第11話 コロナ禍の誕生日~人間万事塞翁が馬~

昨日は自分の誕生日だった。 毎年やってくる誕生日だが、今年は無事に誕生日を迎えられた、という感じ。 経済活動が止まってCO2の排出量が軽減して、地球温暖化も止まった。空もきれいな気がする。皮肉なものである。 今までの消費文...
HIME企画

昭和生まれ令和を生きる  第10話 ドメスティックに端楽(はたらく)

多分今は、新型コロナウィルスによって世界的な危機に直面しているのだと思う。 何でそんなあやふやな言い方かというと、目に見えないものが及ぼす結果が、自分の人生で経験したことがないからだ。それは私だけではなく、世界中のすべての人々が。 ...
HIME企画

昭和生まれ令和を生きる  第8話 高級クラブのママになりたかった

その昔、学生時代に就職先を考えた時思い浮かんだひとつが「高級クラブのママ」だ。 もしかしたら、学校の先生よりはるかになるのは難しかったかもしれない。 「学校の先生」になったのは教員試験に合格して、免許がいただけて、そのまま就職先...
HIME企画

昭和生まれ令和を生きる  第6話 サンタクロースはいる…

「僕ねサンタクロース、中学頃までいるって思っていました。いや、ほんとは今でも、いるって思ってるんですけどね」 と言ったのは30はとうに過ぎた男性だった。 5年くらい前の話だが、私は心の中でこいつはロマンチストなのか、いや大丈夫か...
HIME企画

昭和生まれ令和を生きる  第5話 シンギュラリティ…

最近多くのウェページで目にするようになったFAQのコーナー。 FAQは「frequently asked questions」の略で頻繁に尋ねられる質問、よくある質問というような意味。 またQ&Aは「question a...
HIME企画

SFO LA視察セミナー 番外編

今回の、視察旅行日程は3日間だった。 サンフランシスコ1日半、とロスアンゼルス1日半、盛りだくさんであったが、初めてのアメリカ本土視察を3日だけで終わらせるのはもったいということで、6人のメンバーとは4日目の朝に解散。残り2日はお上りさん...
HIME企画

SFO LA視察セミナー その3

視察最終日の朝は、100年の歴史を持つセントラルマーケットへ。 あの、LALALANDの撮影場所としても使われたスタンドがあった。 まだオープン前で、残念ながらそこではオーダーできなかったけど、もちろん はい、ここで記念の1枚。 ...
HIME企画

昭和生まれ令和を生きる  第3話  セミナー講師をやってみた

印刷機材や商材メーカーの展示会がこのところあちこちで開催されている。 そんな展示会で先日私をセミナー講師としてお招きいただいた。 人前で話すことは慣れていない訳ではないが、やはり「初めまして」の方の前では緊張もする。 でも...
HIME企画

還暦を越えて 初めの一歩 第13話「乗り遅れるな!」

先週、名商主催のセミナーで 「SDGsが変える経営のカタチ」を聴いた。 大和総研の川口さんのお話だった。 今までにない切り口で、SDGsのお話を興味深く聴くことができた。 自分の知らなかったことを備忘録のため...
HIME企画

還暦を越えて 初めの一歩 第12話「中国視察 番外編」

印刷屋なので印刷物 あまり多くの紙媒体に触れたわけではないが、いただいた会社案内パンフレットは表紙はパール紙でかなりの厚さ。本文の紙も厚めで豪華だった。家電量販店に置いてあったチラシも、厚めの紙で印刷の質は悪くなかった。 ...
タイトルとURLをコピーしました