なし

なし

SFO LA視察セミナー その2

サンフランシスコ2日目の朝食は、ザ・ミルというベーカリーカフェの朝食で始まった。 ここは、創業者がたまたまもらった発酵種から小麦を作り、それを店内で挽くところを見せてパンを提供する。そして地元密着のフォーバレルコーヒー店主と組んだ共同...
なし

SFO LA視察セミナー その1

台風に追い立てられるように日本を発ったが、その後の日本の台風の被害は、外国の悲しい情報となってしまった。被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。 「食から地方創生を可能に~サステナブルビジネス エコシステム~ SFO LA視察セミナー」 ...
なし

昭和生まれ令和を生きる  第二話 デザインとはコミュニケーションSDGsのデザイナーのお話

情報を届ける仕事をしている中で、デザインの重要性は分かっているつもりだったが改めて感動したお話だった。 美しいSDGsのアイコンをデザインしたヤーコブ・トロールベックさんのお話しはとても興味があって以前から聴きたかった。 その機会に...
なし

魔女返上!   魔女の証を切除 入院生活その4

7月19日~ 魔女の証 削除手術後。 手術後は傷口からドレーン(管)をつけて、体内の血液等がたまらないように様子をみる。これが外れれば、しばらくして抜糸して今回の入院は終了となる。私は強引にも土曜日で退院するつもりだったが・・・ ...
なし

魔女返上!   魔女の証を切除 入院生活その3

7月18日 魔女の証 削除手術当日 天気晴れ 全国的に命に関わる危険な暑さとか 40℃越えも 手術は朝の8時15分から。 朝一番の手術はこんな時間から始まるんだと改めて驚く。 先生や助手は当然その前か...
なし

自分史 第27話 第二章 ちょっと寄り道して 君住む街へ

息子の野球三昧の高校時代も、夏の大会が終われば大学受験が待っている。 さすがに本人も焦ったのだろうか… 夏の大会が終わるとすぐ、「夏休みに塾に行く」言い自ら勉強体制に入った。 何か目指すものがあるのか… でも...
なし

自分史 第25話 第二章 ちょっと寄り道して 君住む街へ

息子は小学校を卒業、そのまま地元公立中学に進む。 野球部がなかったので、やむなく学校ではハンドボール部に入る。 なぜか、そこで活躍するのだが、やっぱり野球がやりたいらしく、 少年野球をやっていたメンバーが多く在籍するクラブ...
なし

自分史 第23話 第二章 ちょっと寄り道して 君住む街へ

2~3才が野外教室、4~6才は地元保育園に通う。 嫌がることもなく通ってくれたおかげで、私も順調に仕事に復帰。 保育園が終わるギリギリの時間まで勤めることができた。 ところが、困ったのは小学校に通う時。今のようにトワイライ...
なし

自分史 第22話 第二章 ちょっと寄り道して 君住む街へ

出産は修羅場だったものの、その後は順調だった。 当初女の子が生まれてくるはずだったけど、生まれる数週間前に、 「いや、男の子でした」ということになってあわてて名前を考える。 これは生まれて間もない息子を自分で描いた...
なし

自分史 第21話 第二章 ちょっと寄り道して 君住む街へ

念願の「妊娠」を果たした私だったが、 妊娠して、8カ月くらいの健診のとき、先生から、 頭が見えてる・・・と言われ、 早産の可能性がある・・・と言われ、 出産予定の2か月前 それは暑い7月の初めのことだった。 ...
タイトルとURLをコピーしました